教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

去る者追わず。

1学期からの1週間の休みが終わって、2学期が始まりました。

年度当初(1学期開始時)

1年A組  32人
  B組  32人
  C組  46人

2学期開始時
1年A組  27人
  B組  28人
  C組  39人

1学期全教科受かった人    53人

1教科でも落とした人     41人


5教科落として退学になる人   5人


スペイン語の授業を落とした人 20人

算数の授業を落とした人    17人

心理学の授業を落とした人   17人

理科の授業を落とした人    16人

学期の成績は、提出物、授業の発表が40点。

テストが60点。

それを学期に2回評価し、平均をとります。

60点以下の場合は赤点。いわゆる再試験です007.gif

通常2つまでは落としても再試験で通れば次の学年に上がれます。

だから、3つ以上落とすと次の学年には上がれません。

でも、たまに先生の配慮があり、3つ以上落としていても

課題を出すことで点数が足りなくても通してあげることがあります。

ただ、5つとなると多すぎて問答無用に退学か、もう一度学年をやり直すかです。


学校を去る生徒は様々な理由があります。

ある女の子は家族が引っ越してしまい、通えなくなって。

ある男の子は途中でもう来たくなくなったから。

ある女の子は点数が足りなくて。


今の2年生にも去年卒業できなかった生徒がいます。

学校は点数が足りなかったり、病気でテストを受けることが

できなかったりした生徒には配慮をして、

なんとか次の学年に上がれるようにしています。


文化の違いと言えばそうでしょうが・・・

せっかく選んだ道を自分の意思とは関係なく、

やめさせられるのはどんな気持ちなのでしょう。

自分の意思で進める道があることがすごく大切に思えます。


b0127144_11431422.jpg

[PR]
by a-ri-sen | 2009-07-16 11:41