教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

教育実習生

2学期になって、2年生の教育実習が始まりました。
7月から11月まで地域の小学校でみっちり実習をおこないます。

この2年生。

自分がちょうど1年前配属先に来た時には、
当然1年生で、当時の2年生は実習の真っ最中で
学校で勉強していたのは1年生だけ。

だから、自分の1年間の活動のほとんどは
今の2年生たちとおこなってきたわけです。

すると、

想いが入ってくるんですよね。


昨年度も実習生の授業を見学に行ったけど、

全く見ている時の気分が違う037.gif

まず、顔を知っていて、大体の性格もわかっている。

そして、学校にいた時の様子も覚えている。

だから、実習に来るまでにどんなに勉強していたのかを知っている。

昨年度は、「あ~、なんでこんな教え方するかなあ。」とか、

「何で授業が終わったら、みんな『うまくできた。』って言うんだろう。」とか、

批判的にとっていたんです。

それが、

授業の質はたいして変わらないのに、

授業を見終わって実習生にたいして、まず出てきた言葉が、

「授業、よかったよ。気に入った。」


いっぱい改善点はあるんです。

でも、自然に出てきた言葉がそれでした。

単にニカラグアの小学校の授業を見慣れてきたために、

少々のことは大目に見られるようになったのかもしれませんが、

学校で学んだことを授業で生かしている姿。

学校にいた頃とは違った顔をして、子ども達の前に立っている姿。

自分なりの指導観を堂々と言う姿。


そんな姿を見ると、思わずにやけてしまいます003.gif

まあ、と言いながら、当然その後に授業改善のための助言はしましたが。


実習生の会話。

「ケンジ、どうおれの授業??」

「80点だね。」
(実習は100点満点で評価され、それがそのまま成績になります。)

「え~、おれは90点くらいだと思うけど。」
(自己評価はたいがい高いんです。)

「ん~、良くて85点くらいだな。」

「でも、おれ学校にいた時と全然違うだろ??」

「だから、その姿を見るのが好きなんだよね。」


実習が始まって5日目。

もう、学校では立派に先生です。

ニカラグアの教員養成校は、まるで職業訓練校みたいです。

卒業すれば、すぐに即戦力。

頑張れ実習生!!


b0127144_832218.jpg

[PR]
by a-ri-sen | 2009-08-13 08:32