教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ものがあるということ

先輩隊員と関わりをもつNGOの小学校で

研修会をお願いされました。

その研修会のための授業観察中での一コマ003.gif


1年生の引き算の授業。

「バナナが14個ありました。7個食べるといくつ残るでしょう。」

というような繰り下がりの問題。

先生が数を数えるために、数え棒のような教具

子ども達に配りました。

子ども達はそれを使って、あっという間に問題を解いちゃいました。

そして、

することがなくなった子どもがすることと言えば・・・


037.gif037.gif


終わった子から、算数の問題を解くよりも目を輝かせて、

その棒を友達と相談しながら、

好きなように並べたり、重ねたり、形を考えたり

しているんですよね。

まったく、授業中なのに!!という目線は捨てて、

子どもが遊びの中で試行錯誤しながら、

形や色についての興味を深めて、

創造するということ。

その楽しさを垣間見たような気がしました。

こんなふうに色を考えながら、ずーっとつなげてみたり、


b0127144_292717.jpg



小さい立方体と直方体を組み合わせて十字架を作ったり、


b0127144_295238.jpg



ものがあるということ。

それだけで、子どもの興味は倍増するんですよね。

そして、興味を持って行動することの大切さ。
[PR]
by a-ri-sen | 2009-08-31 02:10