教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

言葉

「ほんなら、また、今度飲みに行こうな!!」

「おう、いいなあ(^o^) 行こう行こう!」

日本でよくある会話です。

でも、

これって、

実際に行くかどうかはわからないですよね。

約束ではないというか、

いわゆる社交辞令っていうか、

別れる時の決まり文句というか、

希望を言っているだけというか。

言葉って、

必ずしも、

それが実際の行動

つながるかどうかは限らないですよね。


言葉が聞き取れないここ、ニカラグアでは、

聞き取れた少しの言葉から

状況を想像するのが精一杯です。

例えば、

学校訪問した先で

広場でダンスのような動きを

大勢で練習していました。

「あれは何??」

と聞くと

「あ、何か体操してるんじゃない??」

と返ってきました。

質問したら、「体操」という言葉が聞き取れた。

だから、

「あ、これは体操なんだ!!」

と思う。

本当??

本当に体操なん。

体形移動とかしてるし、

でも、先生は体操って言ってたし。

う~~~ん。


そこで、

実際にやっている子どもたちに聞くと、

「あ~、今度のfiesta(祭り)のために練習してるの。」

んっ!!

なるほど。

混乱したのは、先生のせいではありません。

日本でもこういうことってありますよね。

わからないけど、

あいまいに。

「あ~、こうじゃない??」

って言ってしまう時。

今、自分たちは聞き取るのに必死です。

だから言っていること。

聞き取れたことがすべてだし。

それを信じてしまう。

そういうことなんですよね。

いつか、

言葉に表れないそんな気持ちも

わかる日がくることを祈って

スペイン語の勉強を頑張ります。


b0127144_22817.jpg

[PR]
by a-ri-sen | 2008-07-11 21:57