教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2009年 02月 16日 ( 1 )

算数研修会

先週1週間、首都マナグアにて
全国8校ある教員養成学校の算数担当教員を対象に、
JICAが援助して作成した小学校6年生用の教科書に関する
研修会があり、参加してきました。

b0127144_11261392.jpg



研修内容は主に教科書の内容理解
小数・分数のかけ算、わり算、円の面積、図形の体積、比などです。

さて、教員養成学校の先生たちとと思いますかいえば、
将来先生になる人たちを教える、ニカラグアの算数教育の中でも
一番影響力がある人たちです。

その人たちの算数理解力どれぐらいだと思いますか??

そう、

上の6年生の内容が半分ぐらいわからない。
特に、文章問題、体積、比なんて、と思いますかほとんど・・・

これが、ニカラグアの現状なんだと驚きしかありませんでした。

この人たちが将来先生になる人たちを教えているんです!!

それは、先生たちの学力も低いだろうなあと思わざるを得ませんでした008.gif

でも、

それで落胆してはいられません。

これをまず、受け入れることから始まるのでしょうから。

何より、先生たちに学ぼうとする姿勢がある!!


b0127144_11231629.jpg




もとより算数の先生たち。

算数で問題が解ける楽しみを知っているはずなんですよね。

そこを支援するのが、隊員の仕事006.gif

算数隊員8人が個別対応していきます。

b0127144_11273820.jpg


そして、

わかった時の顔。

大人も子どもも変わりません003.gif

ある先生と話をすると、

「はじめはわからなかったけど、今はできるよ!!」

と。

そんな気持ちを子どもたちも持っているんだということを

わかって実際に学校でも教えてほしいですね。


実は、この研修会を進めているのはニカラグアの教育省のニカラグア人。

JICAから派遣されている専門家の方がとりまとめ、

ニカラグア人が研修をおこなったんです。

どうしても、自分で何かをしないとと思っていた最近。

やはり、ニカラグア人の気持ちをよく理解できるのは、

同じ国に住んでいる、同じニカラグア人なんだということを

目の前で見せられた感じがしました。
[PR]
by a-ri-sen | 2009-02-16 11:28