教師になって四年。JICA青年海外協力隊20年度1次隊として、中米のニカラグアに派遣。活動の様子を伝えていきたいと思います。


by a-ri-sen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

世界には・・・

 数々の国で青年海外協力隊は活動しています。
 
 前回にも紹介しましたが、今回は地図つきで。

 訓練所のかべにはっていて紹介されているものです。

 赤い色がついている国が現在派遣されている国です。


 
b0127144_23332981.jpg




 同じ班で南米のパラグアイに行く友達がいます。

 「パラグアイって海に面してるよなあ??」

 「えっっっっ。内陸の国やで。
 接しているのはウルグアイやで。」
 

 こんな会話はしょっちゅうです。

 知っているようで知らなかった世界。

 世界は広いです・・・
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-27 23:36

問題です。

 さて、なぞなぞ・・・

 先生は男です。

 えんぴつは男。

 家は女。

 パーティーは女。


 さて、本は男、女どっちでしょう??

 
 ・・・って、実はなぞなぞではありません。

 スペイン語では、ものを表す言葉に男と女があるのです。

 それを難しい言葉で女性名詞と男性名詞と言いますが、

 難しいところはおいといて、

 スペイン語を習っていると、日本語では考えられないことがよくあります。

 profesorには「日本語で考えてもむだで~す。」
 
 と、よく言われます。

 たしかに。スペイン語独自のものはたくさんありそうです。

 よければ、スペイン語の本をちらっとのぞいてみてください!!
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-27 23:29

ラジオ体操!!

 準備体操といえば・・・

 そう、ラジオ体操!!
 
 NHKでラジオ体操を教えている方が講師で来られて、

 訓練生にラジオ体操の正しいやり方を教えてくれました。
 
 すごく勉強になりました。

 「正しい動きをして、のばす部分をちゃんと意識できるか」

 ということで、ずいぶん違うと思いました。

 初めから最後まですると、けっこう、つかれます。

 でも、身体がだいぶほぐされます。

 さあ、みんなで始めましょう!!

b0127144_5181456.jpg

[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-27 23:19

訓練です。

 ここでは、訓練生活を送っています。

 どんな生活だと思っていますか??

 まるで学校のように色々なきまりがあります。

   ・スペイン語の宿題が毎回出ます。

   ・朝には全員で集まる朝のつどいがあります。(ラジオ体操をします。)
  
   ・食事の時間、課業(スペイン語やその他の講座)の時間が決まっています。
 
   ・お風呂に入る時間、部屋から出てはいけない時間が決まっています。

   ・門限は夜10時です。それまでに訓練所に帰ってこなければいけません。


 そして、学校のように色々な役割を与えられます。

   ・訓練生活をともに過ごす、生活班というものがあり、リーダーや日直などがいます。

   ・リーダーはまとめ役、日直は日誌を書きます。
  
   ・朝、昼、晩と食事当番があり、食事の片付けをします。

   ・語学をともに学ぶ語学班もあり、そこにもリーダーがいます。


 そして、自分はここでは様々な人の様々な話を聞く生徒です。

 それは、みんなと同じですね(^o^)  
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-27 23:11

夢を見ました。

最近すごく疲れていて、すぐに寝てしまいます。

・・・でも、夢を見ました。

~~~~~~~~~~~

新しい学年の始まり、子どもたちとの出会いの場面でした。

学級で前に立って子ども達に話をしています。

半分は去年受け持っていた知っている子ども達

そして半分は全く知らない子ども達。

せっかくの新しい学年なのに、知っている子ども達はやかましい(笑)

そして、怒る。

でも・・・

休み時間に楽しい話をしてくれる。

~~~~~~~~~~~~

そんなたわいもない夢でした。

でも、すごくなつかしく、すごく満たされていました。

みんなから励ましのメッセージをたくさんもらうからでしょうか?

みんなありがとう(*^_^*)
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-22 06:00

元気ですよ~!

まったく他とはつながりのない世界にいるので、
 
 さいきん、「元気ですか?」と聞かれること多し。。。

 元気ですよ!!

 
b0127144_7324444.jpg

 先生はこんな感じで学習しています。

 

 ちなみにクラスはこんな感じ。b0127144_7381973.jpg 



 語学のクラスは日本人のprofesor

 (プロフェソール、男の先生)だけど、

 授業はほとんどスペイン語・・・。

 1分に一回ぐらい日本語を使ったらいいほうですかね。

 クラスは6人。

 年も職種もばらばらの6人がスペイン語つながりでいっしょに勉強しています。
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-19 07:41
 今は早朝ですが、一日中スペイン語が頭をぐるぐるぐるぐる回り続けています。

 8:45~15:00  

 スペイン語の授業の時間です(>_<)

 この他に朝や夕方、夜に自習をしています。

 スペイン語は基本的にアルファベットですが、英語とは少しちがって、

 基本的にローマ字読みです。

 そして、

 n(エヌ)に、うにょうにょがついた ñ(エニェ)

 また、

 英語でj(ジェイ)は ホタと読みます。

 だから、
 
 日本は英語では、japan(ジャパン)

 でも、

 スペイン語ではjapón(ハポン)と読みます。

 óは、アクセント記号のついたoです。

 スペイン語ではアクセント記号もつけて一つの単語になります。

 
 ちなみに三重にあるパルケ・エスパーニャ

 parque(パルケ・「公園」) España(エスパーニャ・「スペインの」)

 意外に身近にありますよね!!
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-15 05:28
 こんな隊員の話・・・

 派遣される前の要請では、現地の貧困地域を歩いて、収入向上、生活改善のために
 セミナーやワークショップを開いてほしいとのことでした。隊員は事前にどんなセミナーや
 ワークショップをすることができるのかの研修も受け、気持ちを高く任地に行きました。

 そして、

 そこで待っていたのは、任地の人たちからのこんな言葉

 「今度はどんなものをくれるんだい?」  「えっ!ものをくれるんじゃない。」

 「じゃあ、君は何のために来たんだ?」・・・・
 

 援助慣れしている地域ではこういうこともあるみたいです。

 
 しかし、協力隊はものをあげに来たのではありません。ものを与えることよりも、

 「任地の人たちがそこにある道具やものを
 使って、どうやってよりよく生活していくのか」
 
 
 それを、任地の人と共に考えていくのが協力隊の仕事です。

 その時に協力隊の知識や技術が必要となってくるのです。

 協力隊が居るのは期間限定。

 しかし、現地の人たちはその場所で一生を暮らしていかなければいけないのです。
 
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-15 05:12

開発途上国

 青年海外協力隊は世界にある開発途上国に派遣されます。
 
 さて・・・ここ駒ヶ根訓練所では

 バングラディシュ、ブータン、ネパール、パキスタン、スリランカ、ベナン、カメルーン、
 ガボン、 ニジェール、セネガル、ブルキナファソ、ベリーズ、ボリビア、チリ、コスタリカ、
 ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、
 ニカラグア
 パナマ、パラグアイ、 セントルシア、セントビンセント、フィジー、パプアニューギニア、
 サモア、ソロモン、ミクロネシア、バヌアツ、マーシャル、パラオ、キルギス、ウズベキスタン

 に派遣予定の隊員たちがいます。

 みなさん、どれだけ知っていますか??

 場所まではっきりわかる国は少ないでしょう。事実ぼくも、ここに来るまで聞いたことも
 
 ないような国がたくさんありました。

 また、名前を知っていても場所がわからない国もあります。

 
 2年生を担任した時に「世界の国について調べてみよう!!」

 という学習をしましたが、その時は、韓国、ブラジル、エジプト、オーストラリアなど

 みんなが知っている国でした。


 上に出てきた国は教科書にはめったに出てこない国ですよね・・・。

b0127144_5314219.jpg

 
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-15 04:40

青年海外協力隊

 現在、世界各地に派遣されている青年海外協力隊は76カ国、2546人だそうです(>_<)

 そんなにたくさんの方々が開発途上国で活動しているなんて、全く知りませんでした。

 青年海外協力隊は、一年の内に4回派遣されます。

 自分は20年度1次隊です。続いて、2次隊、3次隊、4次隊となります。

 協力隊の活動の根本、協力の方法論というものを今日は教えていただきました。

 『魚を与えて一日をやしない、
        漁法を伝えて一生をやしなう。』


 どんな意味なのかわかりますか??
[PR]
by a-ri-sen | 2008-04-11 23:39